デンマーク その8 ヘルシンオア

ルイジアナ美術館を後にして、電車で10分程さらに北上してヘルシンオアへ。
これまた古くて味のあるレンガ造りのヘルシンオア駅。
b0055352_23282040.jpg

駅前を抜けて小道を登って行くと、街角に地元の方で賑わっている食堂を発見。
b0055352_2329243.jpg

セルフサービスなんですけど、デンマーク語を読めないと察したやさしい店員さんが英語のメニューを特別に出して来てくれました。ランチメニューのビーフとフィッシュのプレートとカールスベアー。かなり美味しい!しかも安い!コペンハーゲン市内のレストランで食べるより格安でした。
b0055352_23294119.jpg

食堂の前の道を西へ。突き当たった道端には線路。柵なんてありません。普段使うなんて危険すぎるから、観光用にでも使われているのかな?なんて思っていたら・・・
b0055352_23295766.jpg

目の前を電車が通っていきました。なんて平和な街なんでしょう。
b0055352_23301121.jpg

さらに目の前にはお城が。シェークスピアの「ハムレット」の舞台で有名な世界遺産のクロンボー城です。(あっという間に天気が悪くなってきました・・・)
b0055352_23302287.jpg

城門をくぐってすぐのお堀の前いる白鳥さん。とても人懐っこくて着いて来ます。ちなみに人懐っこい鴨もいます。「おいで。」と声をかけると「グワーッ。」と答えてくれます。そんな彼も必死に後を着けて来ます。かなりかわいい♪
b0055352_23305462.jpg

これがクロンボー城の中庭。意外とシンプル。
b0055352_23311087.jpg

お城の中も至ってシンプル。豪華絢爛なお城として有名なベルサイユ宮殿の鏡の間なんかとはかなり趣が違います。シンプルなんですけど洗練されていて、飽きの来ないデザインが多い印象を受けました。
b0055352_23314413.jpg

館内観光の中で一番面白かったのが、ここ。地下牢。(この写真の先に地下牢が広がっています。)
b0055352_2332658.jpg

何が面白いって、地下なんでもちろん窓がない、にも係らず電気が付いてないんです。ポケットライトを売ってるくらい真っ暗。そんな中を迷路のような道を進まなければいけません。はっきり言って、日本のそこらのお化け屋敷より断然怖いです。何かしらの光がないと、壁(というよりは岩)に頭をぶつけます。でもなんだかその状況が段々楽しくなってきて、最後はなぜだか大爆笑で帰還しました。まさにドラクエのダンジョンの冒険を実地体験できる、って感じですね。怖さの余り写真に収めるのを忘れて来てしまったのですが、ここには伝説の人物が眠っています。
b0055352_030721.jpg

それが↑彼(写真は公式HPより拝借)。眠れるデンマークの英雄ホルガー・ダンスク。何百年もの眠りについており、デンマークの危急存亡のときには目覚めて、敵を追い払う、という伝説があるそうです。(あれれ?第2次世界大戦の時、復活してくれなかったじゃん?)
[PR]

by xise | 2007-04-23 00:45 | trip(デンマーク)

<< デンマーク その9 ふらっとス... 映画 ストリングス ~愛と絆の旅路~ >>