<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

六本木 スウェーデン料理 リラ・ダーラナ

北欧気分を味わいたくて、六本木のスウェーデン料理「リラ・ダーラナ」に行ってきました。
b0055352_4501963.jpg

どうやら北欧ではザリガニを食べる習慣があり・・・夏の風物詩だそうです。
ということなので、不安ながらも「ザリガニフェア」にチャレンジしてきました。
b0055352_450337.jpg

案外美味い。味的には小エビと同じですね。
けど、また食べようとまでは思わなかったです。(笑)
b0055352_4501267.jpg

他のお料理は、とても美味しかったですよ。日本ではなかなか食べられない味ですね。ちなみにお値段は、コース料理(2人前)+ザリガニ料理(1皿)+ビール2杯(相方と1杯ずつ)で10000円程。ちょっとばかり値段が張りましたが、どうやらお昼のランチがお得のようです。
[PR]

by xise | 2006-08-31 23:16 | food

鎌倉 洋食 去来庵

ふと思い立って、鎌倉散策に行ってきました。
b0055352_524976.jpg


というよりは、北鎌倉にある鶴岡八幡宮近くの去来庵へ行くのが目的。
テレビや雑誌によくとりあげられています。
北鎌倉駅から徒歩10分程で到着。
民家を改装した建物。かなり趣があって落ち着けます。
(鎌倉といえば紫陽花。紫陽花の時期(梅雨)には行列ができるとか。)
b0055352_5242022.jpg


日本家屋なので日本料理屋かと思わせておいて・・・実は洋食屋さん。
ビーフシチューセット(コーヒー付き):2500円。自家製チーズケーキ:400円。
そこそこ値段が張りますが、満足の味。肉がとろけます。
b0055352_5243084.jpg
b0055352_5243864.jpg

[PR]

by xise | 2006-08-05 23:09 | food

ドイツ その7 さらばベルリン

ついに帰国の日。あっという間のベルリン滞在でした。
実は滞在期間中に地元のIKEAに行こうとして迷子になって3時間もの間、郊外の町を彷徨うという事件もありましたが、一応無事に帰国することになりました。ほんとどうなるかと思いました。地元の人たちが親切に英語で道案内してくれたので助かりました。

街の至る所にあるのが、ヴルスト(ホットドック)屋さん。これがほんと美味いのなんの!どのお店で食べてもまずはずさないですね。ニューヨークの屋台で嵌って以来、絶対本場のヴルストが食べてみたい!という夢がかないました。パンがパサつき気味なので飲み物必須ですが、ソーセージが極旨。この組み合わせが病み付きになります。吉祥寺の井の頭公園の近くのお店でも食べれるようなので、是非行ってみたいですね。
b0055352_23141552.jpg
b0055352_23142965.jpg

空港でいろいろお土産を買おうと企んでいたのですが・・・大失敗でした。チェックインカウンターの隣にある小さなカウンターでパスポートコントロールを終えると、すぐに真後ろでセキュリティーチェック。そして目の前には小さな小さな待合所。その中に小さなキオスクが・・・。そう、それが免税店。香水とハリボ位しか売ってませんでした。(なぜかオーストリア土産のモーツァルトチョコとスイス土産のリンツのチョコが大量に置いてありましたね。なぞです。)恐るべし国際空港。
b0055352_23144030.jpg
b0055352_23144847.jpg

実はこの旅で一番大変だったのが帰国。
というのもドイツから日本行きの直行便は既に満席。キャンセル待ちも20名以上。ということだったので、ベルリン→ロンドン→成田という恐ろしい帰国方法しか選択肢がなかったからです。こんな帰国の仕方をするのは自分一人だろうと思っていたら・・・他にもいました。しかも外交官の方(苦笑)。ほんと混んでたんですね。ちなみにロンドンで隣席になった品の良い80歳のお婆様は(英語ペラペラ)、「いつもはエコノミーなんて乗ったことないのよ。お金を出すからビジネスにしてって言ったけど、満席だからって断られたのよ。困るわよネェ。エコノミー症候群にならないように気をつけなきゃ。」と嘆いてました。うわぁ。世の中にセレブな人ってホントにいるんですね。普段出会わない人種なので恐縮してしまいました。

そんなこんなで無事帰国。なんだかんだで大満足の旅でした。
[PR]

by xise | 2006-08-04 23:04 | trip(ドイツ)

ドイツ その6 ゴレオ6世

ベルリンの街は、毎日大騒ぎ。なんといっても、ドイツが勝ち進んでましたからね。この大通りにドイツチームを応援する市民100万人近くが集まり(ほんとかな?)埋め尽くされたそうです。もちろんパブリックビューイングなので、軽い気持ちで見に行こうと思いきやFIFAの友人達から外出禁止例が・・・。女が一人で見に行くにはあまりにも危険なんだそうです。彼らが言うんだから仕方ないですよね。
b0055352_22445389.jpg

後々知り合ったベルリン在住の外交官の方にこの話をしたら、「全然問題なかったのに。」だそうです。後悔(涙)。一人寂しくホテルでテレビ中継を見てましたよ。案の定ドイツ語なんで全くわかりませんでしたよ(大涙)。相方が仕事を終えてホテルに帰ってくるのは毎日2時過ぎだったので、寂しいすれ違い生活だったし、いったい何しに行ったのやら。(苦笑)
b0055352_22453239.jpg
b0055352_224557100.jpg
b0055352_22462130.jpg
b0055352_22463661.jpg

ゴレオ君、製造会社が倒産してもなんのその。意外にもなかなかの人気者でしたよ。個人的にはパンツを履いてないのが最後まで物凄く気になりましたけどね。
[PR]

by xise | 2006-08-04 22:41 | trip(ドイツ)

ドイツ その5 ポツダム市内観光

ベルリンから電車で30分程のところにあるポツダムへ行ってきました。
ポツダム宣言で有名な地名ですね。
かなり小さな街ですが、のどかでのんびりした時間が流れていて、サンスーシ宮殿の前に広がるサンスーシ公園での昼寝は最高でした。
b0055352_22131874.jpg
b0055352_22133135.jpg
b0055352_22134892.jpg
b0055352_22135744.jpg
b0055352_22134053.jpg

[PR]

by xise | 2006-08-04 22:04 | trip(ドイツ)

ドイツ その4 熊との遭遇

ベルリンの街は熊だらけ。

どうやらベルリンの由来は熊にあるそうです。
ベルリン(Berlin)はドイツではバーリンと発音されて、その意味は「かわいい、くまちゃん」(「ber=熊」+「lin=~ちゃん」)なんだそうです。どうりでベルリン国際映画祭の最高作品賞が金熊賞(Goldener Bär)な訳ですね。

そんなこんなで熊が待ちに氾濫している光景は、なかなか衝撃的でした。
実はこれ、「ユナイテッド・バディ・ベア」というもので、国際的な融和・平和を願って、ドイツの首都ベルリンから始まったアートイベントだったんです。

2005年に既に日本に上陸していて、六本木ヒルズに127体が集結していたようですね。全く知りませんでした。
b0055352_21301014.jpg
b0055352_2130304.jpg
b0055352_21442429.jpg
b0055352_2212444.jpg
b0055352_213121.jpg
b0055352_21454571.jpg

[PR]

by xise | 2006-08-04 21:08 | trip(ドイツ)

ドイツ その3 ベルリン市内観光

ベルリン市内観光

カイザー・ヴィルヘルム記念教会 (Kaisre Wilhelm Gedächtniskirche)
b0055352_20424057.jpg

テレビ塔 (Fernsehtrum) : W杯仕様でピンクのサッカーボール姿に
b0055352_2042549.jpg

ベルリンの壁 (Berliner Mauer)
b0055352_2043264.jpg

ホロコースト記念碑 (Holocaust-Denkmal Berlin)
b0055352_20431257.jpg

街中の標識
b0055352_20432096.jpg

ドイツ連邦議会議事堂 (Deutscher Bundestag, Reichstag)
b0055352_20433187.jpg

ジーゲスゾイレ (Siegessäule) : ベルリン天使の詩で有名に
b0055352_21432229.jpg

ベルリン大聖堂 (Berliner Dom)
b0055352_2162436.jpg

[PR]

by xise | 2006-08-04 20:31 | trip(ドイツ)

ドイツ その2 ワールドカップ真っ最中

ベルリンに到着!
そしてテーゲル空港に降り立ってみて、空港のあまりの小ささに、ただただ驚愕。タラップを降りたらターンテーブルが回ってました。(汗)

荷物をピックアップしたら何かをチェックする(たぶん税関)おじちゃんが2人暇そうに待ってて、「君は日本人かい?」って聞かれたんで「yes」と答えただけで通過OK。そして目の前にはタクシー乗り場。あ・・・あっけない。こんな狭い国際空港(しかも首都)初めてだわ。

さて、ベルリンといえば思いつくのが「ベルリンの壁」と「ブランデンブルク門」。
b0055352_5275983.jpg


ということで、まずブランデンブルク門を見に行ってきました。
W杯のキャンペーンの一環でドイツ国中を回ってようやくWC決勝の地ベルリンに到着した「Fussballglobus(サッカー地球儀)」が丁度ブランデンブルク門の正面に来ていたので中に入ってみると・・・
b0055352_5274565.jpg

なんと「W杯トロフィー」が目に飛び込んできた!!本物だったみたいですね、これ。超テンション上がりました。
b0055352_528855.jpg


ちなみにワールドカップはドイツ語でヴェルトマイスターシャフト(Weltmeisterschaft)。略語はWM。現地ではみんなVM(ヴェー・エム)って言うんで、さっぱりわかりませんでした。

肝心のブランデンブルク門は、予想以上に小さかったので物凄くがっかりしました。それにしても、空が青い。乾燥してるからですかねぇ。物凄く清清しくて気持ちいい!でも、一日にミネラルウォーターを4本近く飲んでも唇の渇きが治らず、唇の皮が剥けまくりました。(涙)

運動するにはかなり悪条件の真昼間に3試合も戦った日本選手達は、ほんとに大変だったと思います。夜開催の試合だったなら、もっと違う結果が出たのかもしれないと思えました。それはさておき南アフリカに希望を繋ぎたいと思います。がんばれ!俊輔!
[PR]

by xise | 2006-08-04 20:03 | trip(ドイツ)

ドイツ その1 ベルリンへ出発

7月2日(土)から7月8日(金)にかけて、5泊7日でドイツ(ベルリン)へ行ってきました。
b0055352_5501811.jpg


世の中はW杯(決勝トーナメント)の真っ最中。おかげで航空チケットは異常な高騰。個人的事情により出発直前になってベルリン行きが決まっただけに、チケットを入手するのは大変でした。格安チケットは軒並み売り切れ。唯一残っていたチケットなんて、カタール経由で30万円。しかも空港で6時間近くも足止めですってっ!?あ・・・あり得ない。

結局30万円で正規割引チケットを入手。(もちろん全額を自腹で払った訳じゃないんですけどね(笑)。)そして成田→フランクフルト→ベルリンという乗り継ぎで、いざ現地へ!
b0055352_5502732.jpg


遠くに見えるのがW杯決勝の地、オリンピアシュタディオン。
b0055352_5503397.jpg

[PR]

by xise | 2006-08-04 05:42 | trip(ドイツ)