<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

apple 旅先でのipod活用方

いまでは誰もが持っているipod。思い返せば、2002年3月(MDプレーヤー全盛期)に初めてipod(第1世代)を買った時、友人達から「何でそんな変なの買ったの?」と言われたのが懐かしいですね。

当時はimac全盛期。流行に乗って(乗せられて?)imacを持っていたのですが・・・imacの使い方が「さっぱり」わからず、もったいないことにipod専用PCになっていました。(そういえば、imacによくCDを飲み込まれて困ったっけ。針金で掻き出さないと出てこなくて大変だったなぁ。しかもOSが不安定でよく初期化してたっけ。悲惨な思い出。)

そんなこんなで2003年7月(windows対応ipodが発売されたのを機)にipod(第3世代)を購入。同時にimacとipod(1台目)をセットで買取してもらいました。(実はかなりの値段で売れたので、そのお金で新ipodを購入できました。)

b0055352_4271055.jpg

というわけでせっかく新ipodに買換えたのはいいけれど、操作方法が全く違っているし、使いづらくなっているし。で、ほとんど活用せず。(汗)久しぶりに起動させようとしたら・・・認識しないっ!いつのまにか壊れてました。(涙)

b0055352_4273549.jpg

直してもいいんだけど、保障期間切れてるから直すよりも買った方が安いな・・・これ。というわけで、2006年12月、またまた新ipod購入。今度のipod(第5世代)は使い勝手がめちゃくちゃ改善されていて、最高です。カラー液晶だし、写真対応だし。言うことなし。

そして買換えの決め手になったのが、これ。
小さな巨人、「iPod Camera Connector」。
b0055352_427453.jpg


最近のカメラは画素数が高いので、海外旅行先での写真の保存に苦労していました。毎回PCを持っていくのも大変なので、どうしようかと悩んでいたのを解決してくれたのが、これ。USB経由でカメラからipodにデータを転送してくれるんです。

旅先でカメラからipodにデータを転送させれば、カメラのメモリ残量を気にせずに思う存分写真を撮ることができるし、無駄にメモリを買足す必要もなくなるし、ipodで写真を確認することができるのでphoto liblalyにもなって一石二鳥。家に帰ったら、USB経由でipodからPCに簡単に転送することができます。

カメラからipodへの転送時間も大して気になりません。1GB程度のデータなら数十分で移行できます。ただバッテリーがみるみる減っていくので、ある程度充電されている状態で使用した方がよいです。値段も3400円程度とメモリを買うより全然高くないので、かなりお勧めの商品です。
[PR]

by xise | 2006-12-12 03:27 | apple

六本木 デンマーク料理 Cafe Daisy

上京中の母が、普段の東京観光でいかないような所へ連れてって欲しいというので、前から行きたかった六本木のデンマーク料理店「カフェ・デイジー」に足を運んでみました。(こちらの記事で詳しいお店紹介がされています。)
b0055352_18433020.jpg

店内のインテリアは流石センスがよく、ほとんどがデンマーク製。
PHライトやセブンチェアにYチェア。ほんと欲しいものばかり。
そしてロイヤル・コペンハーゲンの食器。このメガシリーズは料理が映えますね。
北欧料理ならではの、スモーブロー(オープンサンド)はかなり美味。
キッシュも美味しかったです。(これはデンマーク料理じゃないと思いますが・・・どうなんでしょうね。)
b0055352_18433853.jpg

もちろんアップルパイも美味。
b0055352_18434790.jpg

オーナーのヤコブさん自身が対応してくださいました。とても親切で感じの良い方でした。そういえば以前たまたま雑誌でヤコブさんの日本の自宅紹介の写真を拝見したことがありましたが、とてもセンスのある家にお住まいでした。さすがデザイン王国、デンマーク。と思ったのを思い出しました。
[PR]

by xise | 2006-12-03 21:41 | food

丸の内 スウィーツ patisserie Sadaharu Aoki paris

母が上京してきたので、東京駅に迎えに行ったついでに丸の内を散策。有楽町駅のすぐそばにある「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 丸の内店」に行ってきました。
b0055352_19494751.jpg

実は以前パリで食べたことがあるのですが、「物凄く評判になっていた割には、そんなに美味しくないかも。」というのが本音でした。けれど・・・今回日本で食べられるとわかったので足を運んでみて、びっくり。ほんっとに美味しいんです。日本人向けにレシピを変えたのかしら?と思うくらい味に違いがあるように感じたのは、きっと気のせいではないと思います。

以前にも増して、芸術性が高まったように思いました。「宝石のよう」と例えるよりは「絵画のよう」と言う言葉の方がぴったりだと思います。ずらっと複数種類のケーキが並ぶショーケースは一見の価値があります。
この写真のケーキは、一口サイズのケーキ6個のプレート。ほんとうは一つ一つがもっと大きい(3倍位ある)ケーキを切り分けてあります。いろいろ食べてみたい時に最適です。一緒に注文した紅茶も美味。南部鉄器のティーポットでサーブしてくれます。ちょっとしたところで日仏文化を融合させている青木定治さんのセンスが最高です。(ちなみに奥様は元TBSアナウンサー雨宮塔子さんです。)

↓これは以前テイクアウトした時の写真。
b0055352_0475947.jpg
b0055352_04871.jpg
b0055352_0481965.jpg

[PR]

by xise | 2006-12-02 21:45 | food